インターネットビジネス

コラム

【短期集中講座】副業準備|3.通信インフラを整える

2020-12-08

0

インターネットビジネスを副業にする場合、高速インターネット回線を契約しましょう。

その理由は、高速ネット回線がないとインターネットビジネスにとってはとても不利な状態だからです(というより、それが無いと戦えない状態になります)

高速インターネット回線を契約しよう

高速インターネット回線は世の中にいくつも会社があります。

今回目指すのは、速度の速さ、安定性、そして料金の節約です。

おすすめできるのは、以下の2つです。

  • au回線
  • ソフトバンク・Yモバイル回線

今回、節約のために、高速インターネット回線とスマートフォンの回線事業者を同時に同じ会社にすることを強くおすすめします。

au回線

auは、私も以前に契約していたことがあります。

それよりも前は長年、NTTの回線を利用していましたが、auに切り替えてもなんの支障もありませんでした。

むしろ、スピードが速くなった印象さえありました。

回線の安定性も問題はありません。

それに、スマートフォンも同じauで展開していて、サービスを統合することで料金を抑えられるほか、お得なサービスも利用できるようになります。

ソフトバンク、Yモバイル回線

auの次におすすめできるのは、ソフトバンクです。

ただし、ソフトバンクの場合、たまに回線に不具合が生じることがあります。

(これは、ソフトバンクが使用している海外メーカー製の機器に含まれるソフトウェアの信頼性が低いためだ、と言われています)

ですが、ソフトバンクは料金が安く、さらに付加サービスが充実してきています。

私はYモバイルをスマホのサブ回線として利用していますが、ソフトバンクグループで提供しているPayPayと相性がよく、PayPayで買い物をするとお得になる仕組みが用意されています。

また、雑誌読み放題サービスがついてきたりもします。

安定性という面でやや課題が残る部分もありますが、比較的多いだけであり、頻繁に通信障害が起きているわけでは無いことを考えると、十分検討に値するかと思います。

上の過去に私が書いた記事では、ソフトバンク回線には問題がある、というスタンスです。

ですが、料金を抑える方法としてはやはり優れています。

支払い方法についても、関連するヤフーカード、あるいはジャパンネット銀行などと連携すれば、使い勝手を向上させることができます。

ソフトバンクは、手軽に高速インターネットを利用できるSoftbankAirというサービスも行っていますので、引越しが多い単身者の方などにはオススメです。

費用の節約

高速インターネット回線を契約する場合は、費用に注意してください。

この回線費用は、明らかに生活にとって固定費となっていきます。

特に、戸建て住宅に住んでいる人の場合は、数ヶ月で切り替えるようなことはあまり無い性質のサービスとなるはずです。

長く契約するものだからこそ、安心できる質を備え、しかも料金が高くなりすぎないものを選んだ方が良い、と言えます。

費用を節約する方法は、通信量の安さ以外にも、契約プランを変えたり、支払い方法を工夫する、ということでも可能になります。

高速回線が必要な理由

高速ネット回線が必要な理由は、これが活動の基盤になるからです。

いわば、この回線を通してほとんどの情報をやりとりすることになります。

インターネットにアクセスするために必要不可欠なものであり、いわばお金を払ってサービスを利用させてもらう有料道路のようなものです。

高速ネット回線だけでは何もできませんが、これからインターネットを利用して生きてかざるをえない時代を生きる私たちにとっては、もはや必須になるものです。

無駄な回線契約の例(光回線とモバイルがバラバラ)

なお、もったいない回線契約の仕方をしている方もおられるかと思います。

はっきり言って、かなり無駄です。

契約をauかソフトバンクにまとめるのに時間と手間がかかっても、まとめるだけの価値がありますので、ぜひ1つにまとめることをおすすめします。

その理由としては、

  • ネット回線とスマホ回線をまとめることで割引を受けられる
  • 月の通信費を把握しやすくなる
  • 割引で端末を購入できるようなサービスが用意されている
  • 付加的なサービスが充実している
  • 違う会社に加入して似たようなサービスがかぶってしまう無駄を排除できる

ということが挙げられます。

無駄を省ける可能性がとても高いので、ぜひ行ってください。

仮に月500円程度の節約だったとしても、年間で6000円、10年で6万円の節約になります。

6万円あれば、新しいスマートフォンを1台用意することもできますし、高級なバッグ、財布のような小物を買うことだってできます(そう思えば、たとえわずかな金額でも決して見逃せないと思いませんか?)

支払い方法を検討する

通信費に限らず、支払い方で得をする方法は、固定費をできるだけクレジットカード払いにしておく、ということです。

auもソフトバンクも、系列の支払い手段を持っているので(auはauPAYカードやじぶん銀行、ソフトバンクはヤフーカードやジャパンネット銀行など)できればこれを利用することも検討してきると、節約できる可能性は広がります。

また、楽天カードなどを持っている場合は、固定費を楽天カードで払うようにしておけば、利用額の1パーセントがポイントとして還元されます。

クレジットカードは使いすぎが怖い、と言う場合は、家計簿ソフトを契約して出費を管理するようにしたり、あるいはクレジットカードではなくデビットカードを利用するようにすると良いかと思います。

お得な乗り入れサービス

最近ではスマホでお金を決済できる場所が多くなっています。

しかも、PayPayを導入しているお店はあちこちにあります。

ネット回線に契約することで、お得に買い物ができたり、利便性が向上することになります。

(ただし、買い物をしすぎるとあとで自分で支払う金額が多くなりますので、カードの使いすぎには十分にご注意ください)

また、雑誌読み放題サービスは、雑誌が好きな方にはお得なサービスと言えます。

最低限の娯楽をこうした付加サービスでまかない、コンビニに行って無駄遣いしないようにする、ということもまた、節約に通じる考え方だと言えます。

今後の動向(副業、動画について)

高速ネット回線をオススメする理由は、他にもあります。

データ通信が今後5Gに切り替わっていくことを考えると、ますます大容量の通信手段が求められるようになる、ということです。

文字だけでメッセージをやりとりしていた状態から、普通に動画を送り合ってやりとりをする時代になります(動画の需要もますます高まっていくことが予想されます)

また、副業として動画編集は有望な分野であり、これを仕事として行う場合、速度の遅い回線を利用していると、動画を送信するまでに時間がかかりすぎることになります。

これでは、とても不便なことになります。

今後を見据えるなら、やはり高速ネット回線を導入しておくことはとてもメリットがあることになります。

通信速度と安定性はインターネットビジネスの根幹

先ほども言いましたように、ネット回線は有料道路のようなものです。

なんらかの回線を通してでしか、情報はやりとりできません。

ですので、インターネットを利用して副業をしようと考えているのならば、速度が速くて安定している、料金が安い回線を契約することが大事です。

すべてに優先する基盤として、まずは自分のネット環境を整えましょう。

(なお、モバイルルーターをメイン回線として使用することには限界があります。モバイルルーターはあくまでサブ回線として利用することをオススメします)

いいねボタン
0

この記事が気に入ったら
「いいねボタン」を!

バナーのクリックをお願いします ^_^

人気ブログランキングへ

-コラム
-, ,

© 2020 よつばonline Powered by AFFINGER5