光回線

コラム

【家のネット料金を安くする】オススメするネット回線の選び方

0

まとめ 光回線を安く抑えるコツ

  • 光回線は、安くても毎月5000円はかかる
  • 回線事業者をNTT以外にすると費用が安い傾向にある(ただし、信頼できる事業者を選ぶ必要がある)
  • NTTは制約が無い代わりに費用が高く、それ以外は制約があるが費用を少し抑えられる
  • 光回線を利用するなら固定電話を光電話に切り替えることが可能(料金を抑えられる)
  • スマホしか使わないのなら、通話はスマホに一本化し、固定電話は廃止、家のネットは光回線を利用、光電話は契約しない、という手もある

回線事業者とプロバイダーの違い

回線事業者は、光ファイバーなど回線網を敷いたり維持管理している会社であり、プロバイダーは、インターネット接続サービスを提供する会社です。

インフラとしての回線を提供するのか、そのインフラを利用してサービスを運営するのかの違い、というイメージになります。

プロバイダーは、回線のやりとりをうまくできるよう設定・管理したり、サーバーを用意して契約者がメールを使えるようにしたり、ホームページを利用できるようにしたり、セキュリティを確保したり、光電話(IP電話)サービスを行ったりしています。

なお、この2つの事業を合わせて行っている場合もありますし、分離している場合もあります。

光回線を安く利用するには?

スマホとセットで契約する

携帯電話事業者の系列会社の場合なら、光回線とスマホをセットで契約すると、トータルで見た場合、料金が割引されてお得になります。

もしNTTドコモを利用している人なら、ドコモ光を契約すればスマホ代が安くなりますし、あるいはauを利用しているならauひかり、ソフトバンクを利用しているならソフトバンク光、というようにセット契約を利用しましょう。

NTT以外の回線事業者を選択する

通信事業者をNTT以外にすることで、料金を抑えることができます。

ただし、信頼できる通信事業者を選択する必要があります。

auひかり、ケーブルテレビ系の通信事業者(J:COMなど)、あるいは大手の事業者(Nuro光など)を選択すれば問題はありません。

なお、全国展開していない事業者もありますので、注意が必要です。

NTTフレッツ光で受けられた付加サービスも利用できなくなりますので、注意してください。

NTTは最大の通信事業者だけあって、品質とサービスが安定していますが、料金を節約するという目的ならNTT以外の業者を選択した方が無難です。

なお、どんなに節約しても、光回線を利用するには毎月最低でも5000円は必要です。

固定電話は使いますか?

商売をやっている場合など廃止すると利便性に重大な影響が出る場合を除き、固定電話を維持する理由はもはや無いと言えます。

固定電話は、家で使う機会が減ってきています。

家族構成や使用状況はまちまちなのでなんとも言えない部分もありますが、携帯電話で用事が済んでしまうのなら、思い切って解約しても問題ないと言えます。

固定電話の番号が無いからといって何か重要な契約の時に困ることは実際にはありません(携帯電話番号を書いても大丈夫)

それに、使わないものにお金をかけても仕方ありませんし、電話番号が表示されないことをいいことに迷惑電話がかかってくることも多いはずです。

電話が通じなくなるので連絡が途絶えることがネックになるかもしれませんが、固定電話の番号を知っている親戚や知人には事前になんらかの形で通知しておけば済むはずです(最悪の場合、どうしても連絡がつかなかったら電報を送ってくれ、と伝えておけばいい)

そもそも、必要性が無いなら、電話をかける必要はないですし、アドレスだけ持っていても利用しないのなら意味はありません。

(私の体験談)回線事業者がauひかり、プロバイダーがDTIの場合

それまで長年NTTで契約していたのですが、料金を抑えることを思いついて5年ほど前にauひかりとDTIに乗り換えました。

そもそも、フレッツ光の付加サービス(ひかりTVなど)は利用したことがなかったですし、固定電話とインターネットさえ普通に維持できればいいということもあり、切り替えてみよう、ということにしました。

まず、固定電話については光電話にしたのですが、工事業者のミスで電話を発信できても受信できない、というトラブルが起きました(判明後、業者に連絡したらすぐ直りました。ただの業者のミスだったようです)

ネットに関しては、むしろNTTの時代よりもスピードアップしたのではないか?というくらいの速さになりました。

私の住む田舎では、当時もいまもauひかりの利用者数が割と少なかったからかもしれません。

切り替えの事務手続きが心理的に面倒だったりすることを除けば、機能面で不自由は感じることがありませんでした。

しかも、固定電話の番号も変わることなく利用でき、料金も節約できました。

高速インターネットを利用するには光回線を引いた方がいい理由

  • モバイルルーターは速度が遅い
  • パソコンのOSアップデートなどファイルサイズが大きくなる場合、モバイルルーター(4G回線)ではほぼ対処できない
  • 趣味や仕事で大きなデータをやり取りする場合、光回線があると便利
  • オンラインでサービスを利用しようとするときに便利

最近では、パソコンのソフトウェアはオンラインで販売されています。

ソフトウェアのサイズが小さければまだなんとかなりますが、仮にWindows10をオンラインで購入しようとする場合、光回線ならダウンロードできても、モバイルルーターでは不可能です。

動画配信サービスで動画を購入し、それをパソコンにダウンロードしようと思っても、同じことが起きます。

結局のところ、大容量の回線を契約しておいた方が、できることが増えます。

携帯電話の回線を利用すると、どうしても制約が大きく、料金も割高になります。

光回線はどこがいい?

NTT系なら

OCNforドコモ光

au系なら

【auひかり ネットのみでキャッシュバック40,000円+次世代高速無線LANルーター】

ソフトバンク系なら

「SoftBank光」が1年間実質「1,050円~」ご利用可能!

高速な光回線なら

【公式】NURO 光

これらの業者ならば、割安に、しかも安心して光回線を利用できるはずです。

いいねボタン
0

この記事が気に入ったら
「いいねボタン」を!

バナーのクリックをお願いします ^_^

人気ブログランキングへ

-コラム
-, ,

© 2020 よつばonline Powered by AFFINGER5